ミモザ

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西ひとり旅6−幾松(納涼床の膳)

<<   作成日時 : 2007/08/25 06:22   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 24

京都に住んでいた頃から幾松に行きたかったです。
それは幾松さんと桂小五郎さんのお話を聞きたかったからなのです
本日は納涼床の膳を頂いてきましたので、
お料理の数々をご覧下さいませ


画像


               幾松(入り口)

               木屋町らしい細い路地(うなぎの寝床)を入っていくと
               新撰組のきりこみをうけた玄関になります。


画像






画像






画像






画像










画像




画像




              





               納涼床の膳の献立12種類が出ました。

               お料理を全部UPしたかったのですが・・・

               どのお料理も夕涼みをしながら食べるので
               最高に美味しかったです


画像


               床の景色

               予約は夜の7時にしていましたが、少し早めに行きました。
               まだ、いくらか薄明るい時間でしたので、せせらぎの音を
               聞きながら、真正面には大文字、東山、比叡山の山〜を
               眺める事が出来ました


画像


               お手洗いでは、素敵な西陣織の
               手拭ペーパの入っているカバーが目に付きました。

               こういう所にも細やかな心配りがあるのですね

              明日は幾松さんと桂小五郎さんのお話です♪



            
               

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして!
以前より拝見させて頂いておりましたが、一度ご挨拶をと思い、今回、初めてコメントを致します。伝統ある関西の話題を今後も楽しみにしております。
庭花
2007/08/25 06:36
豪勢で優雅な食事羨ましい
小生は今から、万里の長城を体験すべく出かけます。
帰国後、続きのブログを楽しみにしています。
1944shimo
2007/08/25 06:46
 今日もお早い訪問です。
京都の町並みを見ますと何となく落ち着きます。
やっぱり祖母の血が通っているのですね。
お料理も風情ある川魚、煮物、其の他、素材を壊さない味付け
良いですね。
西陣織のカバー、これ欲しいですよ。
ミモザさんは京都のお生まれなのですか。
左様ですと京美人ですね。
(母並びに姉妹そして従姉達は京美人です)
(この様に褒めて置かないと....)
アルテ君
2007/08/25 07:11
☆彡庭花さん
はじめまして〜そしてミモザへようこそ♪
庭花さんの名前は何度かお目にかかっていますが、まだブログにお邪魔
した事がありませんので、楽しみにお伺いいたします。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします(^_-)-☆
ミモザ
2007/08/25 07:42
☆彡1944shimoさん
おはよう御座います〜♪
今日から中国ですか〜羨ましいです。
まだ、中国は行っていません(>_<)
無事のお帰りをお待ちしていますね〜行ってらっしゃいませ(^^)/~~~
ミモザ
2007/08/25 07:46
☆彡アルテ君
おはよう御座います〜♪
今朝は早くからミモザへようこそ。
ミモザは京都に住んだ事がありますが、残念な事に京美人ではなく
悲しいかな〜色黒ですよ(>_<)
おばあ様が京都の方だったのですね〜それはお美しくて羨ましいです。
京都のいい所もこれからガイド未熟なミモザが案内しますので
お付き合いを宜しくお願いします(^_^)v
ミモザ
2007/08/25 07:56
おはようございます。
落ち着いた京の佇まいの素晴らしい所ですね。
贅を尽くした、料理の数々・・・
床からの景色も風情があって、良いですね。
とっても、素敵な時間を過ごされましたね♪
羨ましい〜です。ヽ(^o^)丿
ポップコーン
2007/08/25 11:02
ミモザさんへ
やっぱり桂小五郎の幾松でしたか、料理は流石京都という上品な感じですね。西陣織りのカバー、ミモザさんらしいなと思いました。
ひょうすけ
2007/08/25 15:16
川床の写真は風情が有りますね
鮎も美味しそうです三匹もですか?
ミモザさん京都のどちらにいらしたんですか?
暇人
2007/08/25 15:55
こんにちは〜♪
まあ!素敵な所で美味しいお食事をされてきたのですね〜
盛り付けも涼しげ!・・夜景を眺めながらの川床料理・・
憧れます〜いいなあ(^_-)-☆
ミモザさんのトイレウォッチングもいつも楽しいです♪
ミセスマンデル
2007/08/25 16:50
☆彡ポップコーンさん
ハイ!今回は豪勢でしょう♪
その後の旅のお食事はガタガタと落ちて行きます!
京都に住んでいた頃に貴船の床料理には行っていますが
歴史のある所で食べると重みが違うような単純なミモザでした(^^♪
ミモザ
2007/08/25 17:38
☆彡ひょうすけさん
幾松さんと桂小五郎さんのお話を御存知だったのですね。
その場所に行ってきましたよ♪
逃げ場所は天井だったり地下だったり、お話を聞いていて
とても楽しかったです〜続きは明日(●^o^●)
ミモザ
2007/08/25 17:42
☆彡暇人さん
ミモザの住んでいた所は西京区です。
と言っても分かりにくいですよね〜阪急の桂駅で駅から近かったです。
観光名所は桂離宮があります。
鮎3匹美味しそうでしょう〜美味しかったですよ(^_-)-☆
ミモザ
2007/08/25 17:47
小五郎と幾松のロマンも素敵ですが、さすが京都らしい爽やかで美しい夏のお献立ですね。鮎がとても美味しそう。
納涼床でのひと時は夏の情緒を満喫させるものがあったと思います。
京でなければ味わえない至福のお夕食、羨ましく拝見しました。
MAK
2007/08/25 17:51
☆彡マンデルさん
美味しそうな料理はこれまでで、後はガタガタですよ。
やはり雰囲気がいいのですね〜時間を忘れてのんびりでした、
トイレにデジカメ、変に思われますよね(>_<)
でもデジカメ持っていって正解でした。
素敵な西陣織のカバー作れそうで何もしないミモザでした(●^o^●)
ミモザ
2007/08/25 17:54
こんにちは〜♪
美味しそうですね!
京都でのお食事は豪華な川床料理だったのですね
夜景を眺めながらの素敵な時間、川床の写真も風情がありますね
西陣織りのカバー、京都らしくて素敵です
行ってみたい所がまた一つ増えました(●^o^●)

roko
2007/08/25 17:55
☆彡MAKさん
お忙しいのに来ていただきサンキューです。
納涼床は以前は貴船で今回は鴨川で2度味わってきましたが、
いいですね〜日が暮れるのを静かに眺めながら、ゆったりとした気分に
なって来ました(^^♪
ミモザ
2007/08/25 18:03
☆彡rokoさん
お料理も美味しかったですが、日の沈むのを見ながら・・・
雰囲気がいいですね♪
rokoさんなら近くだから行けそうですが、帰る時間を入れると
京都泊まりになりそうですね(^^♪
ミモザ
2007/08/25 18:07
床の景色の写真が素敵です(^O^)
風情のあるお料理屋さんにおいしそうなお料理ですね。
忘れられない一夜ですね。
ミセス・家計
2007/08/25 18:49
=^_^=家計さん
ハイ!忘れられない一夜です〜今もはっきりと脳裏に焼きついています。
この辺りでは格式のあるお店でしたので、接待も良かったですよ。
写真には載せませんでしたが、幾松の文字の書かれたひざ掛けまで
プレゼント〜気配りが感じられました(^_-)-☆
ミモザ
2007/08/25 20:39
今晩は!
京都の素敵な一夜でしたね・これがほんとの真夏の夜の夢かしら♪
やはり最高級のおもてなしって体験するに限りますね、明日も楽しみにしてま〜す!(^^)!
ラナンキュラス
2007/08/25 21:09
=^_^=ラナンキュラスさん
おはよう御座います〜♪
ハイ!真夏の夢のひと時を過ごしてきました。
しかし、とても暑かったですね〜川床では涼しい風が来て
最高に良かったです(^_-)-☆
ミモザ
2007/08/26 06:23
納涼床というのですか?
川風を吹かれながら、地元の料理を味わう
もう最高ですネ。自分へのプロディースがお上手です!
京都ならではの、至福の時間を堪能されたようですね
タジキス
2007/08/26 19:59
=^_^=タジキスさん
納涼床とか川床とか床とかいろいろな呼び方をしています。
関西の旅で一番高いお料理はこの写真の納涼床の膳でしたが
一番の思い出になりました〜楽しかったです(^_-)-☆
ミモザ
2007/08/26 20:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西ひとり旅6−幾松(納涼床の膳) ミモザ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる