ミモザ

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋保工芸の里 (仙台市・秋保)

<<   作成日時 : 2009/09/23 06:17   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 10

宮城県の名工たちの9つの工房が集まり
仕事を行い、生活をしています



画像



画像



画像



画像



                    秋保工芸の里

                    秋保温泉の奥に入った所にありました。

                    伝統工芸を守り・育てるを合言葉に
                    異なる分野の職人たちが集まっています。

                    制作の過程を見る事も出来ました



画像



                    木工屋さんのディスプレイ

                    大きな曲がりくねった木にサングラスと口紅が・・・
                    見ていて楽しくて、中に入って見たくなりますね



画像



                    こけし屋さんのディスプレイ

                    菊の花と面白いこけし人形が置かれています。
                    こちらも中に入って見たくなりますでしょう

                    ひとつずつ丁寧に作られていました。
                    工芸品はその場で買う事もオーダーする事も
                    出来ます。





                    

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよう(^-^)
なるほどね。宮城県の文化政策の一端なのかな?
こういうものには芸術家が自発的に群れをつくる場合と県の伝統文化保護政策として行われるものがありますよね。
こちらの場合は後者なのかな?
いずれにしても職人さんが生きて行きにくい時代ですよね。

2009/09/23 06:58
芸術の秋ですねえ。
凡・ハヤト
2009/09/23 07:28
こんにちは。職人さん達が集り、生活しながら仕事をしている、一種の芸術村みたいですね。
こけし屋さん、やはり、東北だなあという感じがします。
桃源児
2009/09/23 16:39
達さん
こんにちは〜♪
宮城県の文化政策の一端です。
達さんは何でも良くご存知ですね
但し、お客さんがいなくて寂しいかぎりでした。
場所が分かり難く、車がないと行けないのが難点でした。
ミモザ
2009/09/23 17:03
凡・ハヤトさん
こんにちは〜♪
芸術の秋よりも食欲の秋がコワイですよ。
ミモザ
2009/09/23 17:05
桃源児さん
こんにちは〜♪
ハイ!芸術村みたいな所ですが
お客さんがいなくて・・・生活が大変でしょうね。
こけしは東北の歴史でもあります
ミモザ
2009/09/23 17:08
せっかくあそこに工房が集まったのに、なかなか人が立ち寄りませんね。
一流の工人達がいるのにもったいないような。
ひー
2009/09/24 17:37
ひーさん
私は車の運転をしませんので一人では行く事が出来ません!
場所が悪いですね。
もっと便利な所(例えば駅とかバス停から近いとか)に
あれば、お土産に買いたい所ですが残念です。
ミモザ
2009/09/24 21:12
若い後継者が続くことを願うものです♪
あーさん
2009/09/25 20:55
あーさん
この日の工芸の里では私たちのグループだけでした。
後継者はなかなか大変かなぁ〜と思いましたよ。
ミモザ
2009/09/26 07:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋保工芸の里 (仙台市・秋保) ミモザ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる