関西ひとり旅9-平安神宮(神苑)

平安神宮と言えば、表から見る朱色の門や
建物ですが、社殿の背後には池泉回廊式庭園の
神苑(名勝)が広がっています


画像



画像



画像



画像


               栖鳳池に架かる泰平閣

               約3万3000平方mの広さを持ち、それぞれに異なる
               南・西・中・東の4つの神苑に分かれています。

               東神苑に建つ尚美舘と泰平舘(1番上の写真です)
               京都御所から移された桧皮茸の風情ある建物です。

               特に泰平閣の優美な佇まいは、
               シンプルなだけに心に残っています

               南神苑の一角には白鷺が優雅な姿でたたずんでいました。
               動かないのでシャッターで捉える事ができました。


画像


               着物のモデルさん

               泰平閣をバックに撮影が行われていました。
               とても美しいモデルさんで遠くからとりましたが・・・
               素敵でしょう
               写真は拡大できますので、京美人をゆっくり
               ご覧下さいませ♪

              言い忘れました。
               平安神宮(神苑)の1番素晴らしい時期は枝垂桜の頃です。
               かなり前に、その時期に行っていますが、京都のしだれサクラ
               には心を奪われました



      

この記事へのトラックバック