白山神社(仙台市登録文化財)

陸奥国分寺の奥隣の一角に
その神社はありました。


画像


               本殿

               白山神社は陸奥国分寺が創建された時に
               守護神として祭られたとされる神社です。

               後に国分氏の氏神となり
               伊達家からも崇高されたそうです。


画像



画像


               本殿は
               1640年伊達藩2代藩主伊達忠宗公により
               再建されたそうです。

               一間社流造りで流造の線が美しく懸魚の
               美しい形に江戸時代初期の優れた手法が
               見られるそうです


画像


               白山神社の門

               目立たなくて、いつも見落としてしまいます。
               それは隣にある陸奥国分寺の仁王門 
               に目がいっちゃうからなのでしょうね。


画像


               陸奥国分寺七重塔跡

               陸奥国分寺では白山神社と門は別々にありますが
               境内に入ると白山神社も同じ所にあります。

               白山神社の近くに陸奥国分寺に建っていたと言われる
               七重の塔の跡地には 
               大きな木が茂っていました


               その昔の陸奥国分寺は凄いところだったのが
               偲ばれます


この記事へのトラックバック