ラトヴィア№2-リガ歴史地区

リガはその昔(バルトのパリ)と呼ばれていたそうです。
小雨の中、素敵な町並みを散策しました


画像



画像


               猫の家

               屋根を御覧下さい!
               背伸びしている猫の姿が見えますね。

               かつてこの家には裕福なラトヴィア商人が住んでいたそうです。
               彼はビッグギルドに加わりたいと思っていましたが、ドイツ人に支配的な
               ギルド加入を拒否されたそうです。

               怒った彼はビッグギルドに尻を向けた、猫を屋根に取り付けた
               そうですよ

               入り口も見てくださいませ!
               素晴らしい顔の彫像ですね


画像


               国立オペラ座

               ホワイトハウスとも呼ばれている白亜のオペラ座

               正面には6本のギリシア風円柱が建ち
               歌の神アポロをはじめとする神々の彫刻で飾られています


画像


               紋章

               リガの古い紋章は町のあちこちで
               見かけました


画像


               リガ大聖堂

               リヴォニア(今のラトヴィアの北部とエストニア南部)
               宗教の中心的役割を成したきた教会です。

               高さ90mの現在の塔は1776年に建て直されたそうですが
               それ以前の塔はさらに50mも高かったそうです。
               

画像


               ホテル リガ

               宿泊したホテルですが、町の中心にあり
               向かい側には国立オペラ座があり、近くには広々とした公園が
               ありました

               建物も中の装飾品も素晴らしかったです



               
                      

この記事へのトラックバック