リトアニア№2-ヴィリニュス(世界遺産)

昨日に引き続き、
旧市街地を散策してきました


          画像
画像


                   
                    大聖堂と鐘楼

                    


                    ヴィリニュスの中心に建ち、ヴィリニュスのシンボルとも
                    される主教座教会と手前にある鐘楼です。

                    現在の教会はクラッシック様式の建築で18世紀に
                    大改築されたものです。

                    1996年冬にはソ連時代に撤去された3聖人の像(屋根の上を見てください!)
                    が、大聖堂正面の屋根に再び据え付けられたそうです。

                    大聖堂の手前にある鐘楼は、高さ53m、基礎の部分は
                    13世紀の城壁の塔に使われたそうです。


画像
 

                     ヴィリニュス大学

                    16世紀に設立された歴史のある大学です。
                    広い構内には、いくつもの中庭があるそうです。


          画像
画像



         


           リトアニアの紋章                    大学の前にあった排水溝

          ヴィリニュス大学に掲げられていた          大学の前を歩いていると
          リトアニアの国旗です。                 排水溝がありましたが、色は付いてなく
          3色旗は黄色は実り豊かな大地            残念です
          緑は国民の活力と自然、赤は自由を守り為に
          流された血の色を表すとされています。


          画像
画像


                    公衆電話

                    2つの公衆電話は形は違いますが
                    色は青で統一されていました



                    

この記事へのトラックバック