エストニア№1-アレクサンドル・ネフスキー聖堂(世界遺産)

エストニアからのスタートになります。
まずは街の中の観光地を眺めながら
進行しましょう


画像



画像



画像


               アレクサンドル・ネフスキー聖堂

               御覧下さい!
               タマネギ型の丸屋根は、ロシア特有ですね。

               1901年に支配者の帝国ロシアによって建てられた
               ロシア正教教会です。

               今なおロシアの脅威を感じる、この建物は
               エストニア人は大嫌いだそうですよ


画像


               タイル

               城壁の中にあったタイルです。
               絵タイルがないか?大分さがしましたがバルト3国では
               余り見つける事が出来ませんでした


          画像
画像


     メガネの男性の彫像                    船の看板

     城壁の壁の彫像ですが                  同じように城壁の壁に掛かっていた
     メガネを掛けた男性が手を差し伸べていますね    船の看板です。 


               エストニアの首都タリンでは
                かっての社会主義の暗い面影は見当たりませんでした



      
               
   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック