エストニア№3-ふとっちょマルガレータ(世界遺産)

面白い名称が登場しましたね
人間味があり、親しみを感じさせられました。


画像



画像 


画像



画像


   ふとっちょマルガレータ

   町の最も重要な出入り口を守る為
   1529年に建てられた砲塔です。

   直径24m、壁の厚さは4,7mにもなり、
   まさに(ふとっちょ)そのもの。

   そこから、砲弾が発射されなくなってからは、
   倉庫や兵舎、監獄として使われていたそうです。

   ここが、監獄として使われていた頃、
   囚人の食事を切り盛りする、
   やはり太ったおかみさんがいて
   彼女の名前がマルガレータ。

   塔の愛称も彼女に由来すると伝えられています

   現在は海洋博物館になっています。


     画像
画像
              

          
                                          ↑   

 3人姉妹                                広告車 

15世紀に建てられた住宅です。                   ←3人姉妹の所にある広告車 
建物前面に美しい模様がありましたのに               車を御覧下さい! 
その模様が見えませんね                城壁と(のっぽのヘルマンの絵)が
                                        描かれていますね


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのトラックバック