ポーランド№3-クラクフ(旧市街めぐり)

クラクフでは1日雨でした。
傘を差しながら旧市街を周ってきました。


画像


                    聖マリア教会

                    中央市場広場に面して建つ
                    町のシンボルです。

                    14世紀末に現在の姿になったそうです。
                    2本の尖塔は高い方は81m、低い方が69m
                    黄金の冠を頂く高い塔から毎生時にラッパの音が響き渡り
                    低い塔は鐘楼として使われています


          画像
画像


                    織物会館(織物取引所)&通り抜け

                    クラクフ旧市街の中心にある中央市場広場は総面積4万㎡
                    中世からそのまま残っている市場広場としては
                    ヨーロッパ最大級です。

                    広場の中央にある織物会館(クリーム色)はルネッサンス様式です。
                    14世紀に建てられた、長さ100mもあります。

                    現存する世界最古のショッピングモールと言われています。


画像


                    バルバカン

                    旧市街に入る半円筒型の砦
                    バロック様式になっています。


画像


                    町並み

                    雨が降ってなければ、まだ~歩きたかったのですが
                    大雨になってしまいました。


画像


                    広場の馬さん

                    雨なので、馬さんに乗るお客さんも居ないようです。
                    馬さんは食事中です

                    備え付けられた袋に顔を入れて食べていますね。
                    ご苦労様です


この記事へのトラックバック