ポーランド№4-ヴィエリチカ岩塩坑(世界遺産)

クラクフの南東約15kmにある小さな町ヴィエリチカ。
この町の地下には、1250年頃から1950年代まで稼動していた、
世界有数の大規模な岩塩採掘所がありました。
その規模の大きさには驚くばかりでした


画像


                    聖キンガ礼拝所

                    19世紀末に地下100mの岩盤をくり抜いた巨大な穴蔵で
                    正体は2000万年前にさかのぼる岩塩層です。

                    シャンデリアも壁に刻まれたレリーフも
                    すべては塩の結晶を削って仕上げた造形美です


画像


                    最後の晩餐

                    このレリーフも塩の結晶を削って仕上げたのです。

                    壁をなめましたら塩っぱかったです 


          画像
画像


                    ヨハネ・パウロ2世像とポーランドの国旗

                    ポーランド出身のスラブ民族初の
                    ローマ法王はポーランドの誇りだったのですね


画像


                    ショップ

                    地下のショップでは特産の琥珀や、
                    岩塩で作られた、いろいろな物が販売されていました


画像


                    案内図

                    岩塩坑は9層にも及び、最も深い所で327m
                    坑道の総延長は300kmにもなるそうです。


                  広いスペースにはバレーボールのコートもあり
                   地下水を満面と貯めた地下湖もありました。

                  湖水を利用して、全体を暗くして
                   ポーランド出身の作曲家ショパンの曲が
                   響きましたが・・・
                   音響効果が良くて素晴らしかったですよ




             

                                     

この記事へのトラックバック