台北街歩き№8-行天宮

商売繁盛を願う参拝者で
賑わっていました


画像



画像


                    正面&お供え物

                    (三国志)に登場する名将,関羽を主神とするお寺。

                    関羽は中国史上で初めてそろばんを使い
                    部下の報酬を公平に分配した事でも知られ
                    商売の神として崇められています

                   横浜の中華街の中にも、神戸の中華街の中にも
                    関羽を祭った商売繁盛のお寺がありましたね。

                    どこのお寺にも季節の果物やお菓子がお供えされていました。


画像


                    一対の獅子さん

                    獅子さんたちがお寺を守っていますね


          画像
画像


                    占い横丁

                    行天宮を出て、すぐの地下道に入ると
                    占い師のブースが10数件も並んでいます。

                    日本語でも占ってもらえるので日本人にも人気があります。
                    ちなみに友人は占ってもらいました。
                    本人に話を聞くと、よく当っていたそうです


画像


                    行天宮の景色

                    バスの中から見た行天宮の全景です


この記事へのトラックバック