ふらっと関東30-常楽寺 (信州)

信州の鎌倉と呼ばれている、古き町の
お寺めぐりをして来ました



画像



画像



                    常楽寺多宝塔 (国の重要文化財)
                          
                    鎌倉時代に建立された、
                    高さ2m85cmの安山岩で出来た石造塔です。

                    石造塔の重要文化財には常楽寺の多宝塔と
                    滋賀県の少菩薩寺の多宝塔の2ヶ所だけです

                    木々の間からこぼれてくる
                    木漏れ日が優しい気持ちにさせてくれました


     画像
画像



     

                    本堂

                    江戸中期の茅葺で造られています。

                    屋根に上がっている像を拡大して見ると
                    獅子が座っているように
                    見えますね



          画像
画像




                    左右の狛犬像

                    左の狛犬は口を開けていますね。
                    口の中は赤くなっています

                    右の狛犬はしっくり口を閉じていますね。

                    両方の狛犬の年月日を見るのを忘れてしまいました




                    

この記事へのトラックバック