塔のへつり (福島県・南会津)

日帰りの旅は大内宿の次は
(塔のへつり)に行きましたが、こちらでは
雨も止み、素晴らしい紅葉を見ることが出来ました



画像



画像



画像


        
                    塔のへつり

                    (へつり)とは、地元の方言で
                    険しい崖の事を呼ぶそうです。

                    吊橋(結構ゆれましたよ!)で大川を渡ると
                    断崖の脇は水面の上に約3m、高さ100mの
                    遊歩道になっていました。

                    遊歩道では、洞窟や塔など奇岩・怪岩を
                    見ることが出来ました

                    100万年の歳月をかけて侵食と風化を繰りかえし
                    全長200mに渡って奇岩が整列していました。



画像



画像



画像



                    紅葉と水の色が素敵ですね。

                    澄み切ったエメラルドグリーンの水の色に
                    自然の神秘が感じられます

                   1943年河食地形の特異例として
                    国の天然記念物に指定されました。





                    

この記事へのトラックバック