クロアチア6-スプリット (ディオクレティアヌス宮殿)

アドリア海沿岸の中心都市で
クロアチア第2の都市です


     画像
画像


                    ローマ皇帝・ディオクレティアヌスの胸像

                    ディオクレティアヌス皇帝(245~313)退位後に
                    住んだ宮殿でした。

                    宮殿は295年~305年にかけて
                    建てられたそうです

                    異民族の侵入により、市民が宮殿の
                    周囲に移住してきたそうですよ。

                    その時には向かって右側の写真をご覧下さいませ。
                    その穴から宮殿の中にゴミが捨てられ
                    ゴミ捨て場化されていたそうです


     画像
画像


                    世界遺産のマークとショップ

                    スプリットの町全体が世界遺産になっています。

                    宮殿の中から通り抜けが出来て
                    お土産屋さんになっていました


画像



画像


                    マリア像と王様のレリーフ

                    宮殿の中には、このような歴史のある
                    像などが展示されていました


画像


                    アーチ型の天井

                    アーチ型の天井を持つ神殿が残されて
                    いました




この記事へのトラックバック