クロアチア10-ドブロヴニク (世界遺産)

内戦を乗り越えて、美しさえを取り戻した
(アドリア海の真珠)をご覧下さいませ


画像


                    聖ヴラホ教会

                    聖ヴラホ教会は、ドブロヴニクの守護聖人です。

                    旧市街地でも最高の立地を誇る教会
                    現在の教会は18世紀に建て直された
                    バロック様式です

                    ファサードの頂上には
                    聖ヴラボの像がたっていますが
                    小さくて見えにくいですね


画像



画像


                    大聖堂と大聖堂の中にあるティツィアーノ(聖母被昇天)

                    1192年にイギリスのリチャード王が建造
                    当初はロマネスク様式でした。

                    後の大地震の影響で17世紀にバロック様式で再建
                     
                    大理石を使った祭壇も素晴らしく、その奥には
                    イタリアの有名画家ティツィアーノ(聖母被昇天)が
                    飾られていました。

                    実は撮影禁止だったそうですのに・・・
                    そうとは知らず撮ってしまいました


画像


                    聖イグナチオ教会

                    1699年~1725年にローマの聖イグナチオ教会を
                    モデルにバロック様式で建てられた
                    歴史のある教会でした。


画像


                    スポンザ宮殿

                    美しいアーチが印象的でした。
                    
                    1516年に建てられた当初は税関                                                               後に造幣局や財務局になった宮殿                    

                    現在は古文書館になっています


画像


                    門

                    1667年の大地震の時も被害を受けました。

                    1991年のユーゴスラヴィア連邦軍による攻撃も
                    悲劇的出来事でしたが、現在は復興してきました

                    明日はオレンジ色で統一された建物と
                    青い海を見て下さいね




この記事へのトラックバック