モンテネグロ2-コトル (世界遺産)

コトルは自然が美しく国で
町全体が世界遺産に登録されています


画像


                    聖トリプン大聖堂

                    コトルはローマ・カトリック文化圏と
                    東方正教文化圏のちょうど境界にあります。

                    聖トリプン大聖堂はローマ・カトリックに属しています。

                    1166年に建てられたロマネスク様式の教会で
                    塔以外の部分は創建当時の形をとめています。

                    現在の塔は17世紀の地震の後に加えられた
                    バロック様式になっています


画像


                    聖ルカ教会

                    1195年の創建です。
                    詳しい事が書かれてなく分からなくて・・・


画像


                    マリア像

                    レリーフがとても繊細で美しい
                    マリアさまと幼いキリストさまですね


     画像
画像



画像


                    2006年に独立したモンテネグロは
                    人口わずか62万
                    面積も福島県と同じくらいだそうです

                    複雑な海岸線と険しい山に囲まれた
                    堅固な城塞港湾都市として
                    大いに栄えたそうです








   

この記事へのトラックバック