登米町教育資料館 (国・重要文化財)

明治期の洋風建築として名高く
1989年に保存復旧作業が行われ
一般公開がされています



画像



画像



画像



                    校舎

                    明治21年(1888年)に建てられ
                    昭和48年まで実際に使われていたそうです。

                    山添喜三郎さんの設計で和洋折衷の
                    デザインです。

                    白いバルコニーが美しくモダンでオシャレでしょう



画像



                    当時の授業中の様子
                    人形を使って再現されていますが
                    リアルでしょう



画像



                    鐘

                    年代物の鐘
                    この鐘が時間を知らせてくれていたのですね



画像



                    門から見た校舎

                    木造2階建て、瓦葺屋根造りでした。
        
                    この町の誇りですよね・・・いいな~!(^^)!