みやぎの明治村 (宮城・登米市登米町)

みやぎの明治村(登米町)は、
伊達支藩の城下町で舟運により
栄えた町だったそうです



画像



                    水沢県庁記念館 (市指定文化財建造物)

                    明治初期、現在の岩手南部と
                    宮城県北部で水沢県となり、その時(明治5年)
                    県庁舎だったそうです。



画像



                    春蘭亭

                    400年以上前の武家屋敷です。
                    
                    現在は喫茶店になっています



画像



                    熊谷邸の門

                    重厚な造りが風格を感じさせて
                    くれました。



画像



                    江崎邸の門

                    現在も歯医者として
                    開業しています。



画像



画像



                    武家屋敷通り

                    藩政時代には伊達一門
                    登米伊達氏2万1千石の城下町でした。