五島列島4-旧五輪教会&江上天主堂 (世界文化遺産)

世界文化遺産登録された2つの教会を
船に乗って行ってきました



画像



画像



旧五輪教会 (世界文化遺産) 久賀島

下五島では最古の教会建築です。
外観は和風、内部はゴシック様式という
明治初期の教会堂建築史を物語る貴重な天主堂です

1881年創建されました。



画像
画像



内部

ステンドグラスは信者さん達の手作りだそうです。

ちなみに歌手の(五輪真弓さん)の祖父はこちらの
教会の神父さまだったそうです。



画像



奥の赤いレンガの建物は新教会だそうです。

こちらの島(久賀島)には住民が4人だそうです。



画像



江上天主堂 (世界文化遺産) 奈留島

小さな木の教会が慎ましく森の中に
佇んでいますね。

クリーム色の外壁に、ブルーに塗られた窓枠がアクセントに
なっていますでしょう。

こちらのステンドグラスも信者さん達の手作りで
桜の花模様が施されていました。

内部の写真もかなり撮ったつもりいましたのに
全て、よそ様が入っていてUP出来なくてゴメンナサイ


画像



行きは福江港から出発しました。


画像



画像



帰りは奈留島から少し大きな客船に乗って
福江港に無事に到着しました